筋トレに食べ物は欠かせない!おすすめの食品とは?

人間が生命を維持するのに必要なものと言えば、水、空気、それと食べ物です。

このうちのどれが欠けても、命は危険にさらされます。

誰もが知っている常識ですが、これは筋トレにおいても同じです。

あなたが口に入れる食べ物が、未来のあなたを作ります。

健康で明るい人生を送りたければ、食事には十分気を付けるべきでしょう。

そこで今回は、筋トレを行ってマッチョになるために、必要となる食べ物(食品)についてお話します。

中でも、筋トレには欠かせない、ぜひ食べていただきたい食品をご紹介しますので、どうぞお楽しみに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋トレに食べ物は欠かせない!

突然ですが、あなたに質問です。

もし、空腹(お腹が鳴るほど減っている状態)のまま筋トレを行ったら、あなたの体はどうなるでしょうか?

いくつかの答えが考えられますが、長期的に見た場合、あなたは筋肉を付けるどころか逆に太ってしまいます。

なるほど、筋肉はある程度発達しますが、元の筋肉量よりは少なくなるかもしれません。

なぜそうなるかと言えば、体は常に組織の合成と分解を繰り返しているからです。

この筋肉を分解するプロセスを異化(カタボリック)と言い、合成するプロセスを同化(アナボリック)と言います。

食事も取らずに肉体労働を続ければ、体はやせ細り、やがては骨と皮だけになるでしょう。

これは、カタボリックの状態が長く維持された結果であり、筋肉が分解されて、内臓の活動に必要な養分となって利用されるからです。

それと同じく、十分な食べ物も取らずに筋トレ(筋トレだけではなく運動全般に言えます)を行った場合、まず筋肉が分解されて養分となり、脂肪はそのまま残ります。

人間の体は、何をおいてもまず、内蔵の働きを円滑に進めることを優先にデザインされています。栄養が摂取されない場合は、筋肉を分解してアミノ酸などに変化させ、それを内臓で消費し、正常に働くようにするのです。脳で消費されるのは糖質だけですが、もし糖質が供給されなくなった場合は、脂肪を分解してケトン質に変えて利用されます。ちなみに、基礎代謝(もしくは基礎代謝量)とは、就寝中に消費されるエネルギーであり、ここで使われるのは脂肪です。

以上から、筋トレを行うときは、けっして空腹のままで行わないようにして下さい。

トレーニングを始める1時間前までには、適切な食事をしておくようにしましょう。

筋トレを行ってマッチョを目指すなら、食べ物を上手に取ることは必要最低限の知識です。

糖質か脂質か?中高年はどちらの摂取を抑えればいいの?
個人的には、糖分(糖質)を取らない方が体にとってはいいと思います。 色々な意見がありますが、こと中高年にとっては、脂肪(脂質)よりも糖...

どんな食べ物がおすすめ?

食べ物は、大きく見て三種類の栄養素に分けられます。

あなたもすでにご存知のように、炭水化物、タンパク質、そして脂質です。

どの栄養素が欠けても人体にとっては問題であり、それぞれに適切な割合があるとされています。

その割合とは、炭水化物が40~50%、タンパク質が35~40%、そして脂質が15~20%です。

この割合は、職業や生活によっても変わります。

たとえば、肉体を酷使する職業や、体重やスタイルを維持しなければならない職業では、タンパク質の割合が増え脂質が減らされる傾向にあります。

またその反対に、病人の場合はタンパク質と脂質の割合が変わるかもしれません。

最近では、炭水化物(特に糖質)を制限し、代わりに脂質を増やす方法が取られる場合もあるようです。

いずれにせよ、高い肉体的パフォーマンスを求める場合は筋肉が不可欠となるので、筋肉を合成する食べ物(栄養素)が必要になります。

そして、筋肉を合成するおすすめの食べ物とは、タンパク質を多く含む食品です。

もちろん、タンパク質だけを食べていればいいわけではなく、その他の栄養素との関係も重要になります。

しかし、こと筋肉量を増やしてマッチョを目指すなら、食べ物の種類と食事のあり方は意識しなければなりません。

ここでは特に、タンパク質の含有量が多いおすすめの食品を取り上げてみます。

筋トレ時に水を飲むのはあり?おすすめの飲み物が知りたい!
私がまだ中学生だった頃、部活中の水分補給はタブーとされていました。 当時は、どのような理論がまかり通っていたのか分かりませんが、水を飲...

タンパク質を多く含むおすすめの食べ物(食品)

タンパク質を多く含む食べ物の代表と言えば、肉や魚です。

一部の豆類や穀物にも、タンパク質を多く含む食品はあります。

それでは、それぞれの食品のタンパク質の含有量を見てみましょう。

1. 肉

肉にはいくつかの種類があります。牛肉豚肉、そして鶏肉です。ここでは、爬虫類やその他の生物の肉は除外します(一般で入手できないため)。下では、それぞれの肉の、100グラム当たりのタンパク質量とカロリーを表しています。

牛肉(ばら肉/脂身つき)タンパク質量:14.4g 熱量:371kcal

豚肉(ばら肉/脂身つき)タンパク質量:14.2g 熱量:386kcal

鶏肉(鶏もも肉)    タンパク質量:16.2g 熱量:200kcal

卵(鶏卵)       タンパク質量:12.3g 熱量:151kcal

これらの数値は、一般的な牛肉、豚肉、鶏肉についてのタンパク質量とカロリー値です。以上の数値は、肉となる部位によってもかなり変動します。

2. 魚

ここでの魚とは、普段食卓に上る食品か、鮨や刺身として食べることがある種類を指しています。それぞれ、100gについてのタンパク質量とカロリーです。

ウナギ
エネルギー 255kcal
タンパク質 17.1g

カツオ
エネルギー 165kcal
タンパク質 25g

アジ
エネルギー 121kcal
タンパク質 20.7g

タイ
エネルギー 194kcal
タンパク質 21.7g

ヒラメ
エネルギー 124kca
タンパク質 21.2g

サンマ
エネルギー 310kcal
タンパク質 18.5g

サバ
エネルギー 202kcal
タンパク質 20.7g

サケ
エネルギー 138kcal
タンパク質 22.5g

シシャモ
エネルギー 166kcal
タンパク質 21g

トロ
エネルギー 344kcal
タンパク質 20.1g

ブリ
エネルギー 257kcal
タンパク質 21.4g

マグロ
エネルギー 125kcal
タンパク質 26.4g

3. 豆類、穀物

こちらも同じく、入手しやすい食品(食材)として取り上げてみました。100gに換算した場合のタンパク質量とカロリーです。

大豆
エネルギー 417kcal
タンパク質 35.3g

あずき
エネルギー 339kcal
タンパク質 20.3g

そら豆
エネルギー 348kcal
タンパク質 26g

大麦
エネルギー 340kcal
タンパク質 6.2g

小麦
エネルギー 337kcal
タンパク質 10.6g

アマランサス
エネルギー 358kcal
タンパク質 12.7g

オートミール
エネルギー 380kcal
タンパク質 13.7g

コーンスターチ(トウモロコシのあらびき)
エネルギー 363kcal
タンパク質 8.3g

これ以外にも、タンパク質を多く含む食品はあります。とは言え、一般的に入手しやすい食品で、なおかつ筋トレにはおすすめの食べ物とすれば、以上の食品となります。

プロテインは筋トレに必要か?中高年には摂って欲しい栄養素
プロテインを飲まなければ禁断症状を起こすような人を、プロテインジャンキーなんて言いますが、はたして本当にプロテインは必要なのでしょうか? ...

終わりに

今回ご紹介したのは、飽くまでも筋トレを行う場合に適した食べ物(おすすめの)です。

これらの食品に加えて、炭水化物や脂質を組み合わせて取るようにします。

タンパク質だけを摂ったとしても、それで思った通りのマッチョになるわけではありません。

炭水化物、タンパク質、そして脂質の摂取量がある程度決められているように、食べ物に関してもバランスが必要です。

食べ物をいかにして食べるか、そして食品をいかに選んで食べるかも、筋トレを行おうとするあなたにとっては、とても重要な知識になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それでは、また次回もお楽しみに。

細マッチョにゴリマッチョ、マッチョ・カマチョはボクサーでした。とにかく、最近よく使われるこの言葉、マッチョですが、マッチョに細いも太いもありません(語源はスペイン語のmachoから来ています)。マッチョは全て、タフな男性のイメージです(最近

いつもポチポチありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 50代の健康へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする