ミドルエイジからの筋トレについて ご挨拶

こんにちは、このサイトの管理人兼投稿者である、クロガネ56です。

数ある筋トレサイトの中からこちらをご訪問いただき、感謝の念に堪えません。

私自身が56歳になった2018年から、体のメインテナンスと健康増進を考え、このブログを開設するに至りました。

 

今後は、自分の体を使って、どのようにトレーニングをすれば機能する肉体を維持できるのか、または筋肉を増やすことができるのかを検証して行きます。

50歳を過ぎた身ではありますが、まだまだマッチョに憧れる変わり者です。

ボディビルダーとして大会に臨むかどうかは分かりませんが、トレーニングをする目的の一つとして考えています。

 

近年では、食生活の変化により、ミドルエイジを過ぎても元気な方は大勢いらっしゃいます。

ですが、惜しいことに体形の劣化は否めません。

そこで、健康になるばかりではなく、かっこよくシェイプアップされた体を作るためにも、筋トレを推奨する次第です。

 

こちらの写真は、アメリカに住むウェンディ―・イイダ(Wendy Ida)さん65歳です。

これらの写真は、彼女が60を過ぎた頃に撮られました。

そして、彼女のシェイプは、65歳になった今も変わっていません。

 

これが57歳の頃の肉体です。信じられますか?

 

43歳の時に筋トレを始めて、57歳でボディビルの女子45歳以上で優勝。

40㎏の減量に成功し、今やアメリカで最も知られたフィットネストレーナーです。

元々、表情の豊かな女性ですが、65歳とは見えない若々しさは、全米の女性を虜にしています。

 

ウェンディーさんのように、フィットネスのインストラクターをしている女性は少なくありません。

ただ、彼女が他の方と違うのは、現役のトレーナーとしては最高齢であること、そしてギネスブックにも認定されている女性だということです。

そんな彼女に刺激を受けて、最近のアメリカでは、多くのミドルエイジが筋トレに汗を流しているとか。

彼女を見ても分かるように、筋トレはエイジングを減速し、健康と若さをもたらします。

 

現在、ボディビルや類似した大会に出場している人は、かなり若い頃からトレーニングを積んで来た人たちです。

55を過ぎてトレーニングを始める人は、そうそういないかもしれません。

しかし、むしろ55歳を過ぎた男女にこそ、筋トレを行っていただきたいと考えています。

 

もし、あなたが、50を過ぎて筋トレを始めようかと迷っているなら、ぜひ私と一緒にトレーニングを始めましょう。

筋トレは、なにも筋肉を肥大するだけではありません。

筋トレを行うことで、肌細胞のターンオーバーは促され、骨格は丈夫になり、また脳の活性化にもつながります。

 

正しく、安全な方法で行えば、50代でいながらにして、20代後半の肉体を有することも可能です。

性別など気にする必要はありません。

ぜひ、この機会に、筋トレを始めてみませんか?

 

ネット上とは言え、こうして出会えたことに感謝致します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたのこれからの毎日が、さらに魅力溢れる日々になりますように、心から願っています。